大きな差を付けられるコンテンツSEO

断然ロングテールが昔よりもやりやすくなっているともいえます。検索エンジンももちろん進化してますから、複合キーワードに対する精度も良くなっているでしょう。

 

ただキーワードを詰め込んだページでは如何いうにロングテールだからといって、なかなか上位に表示することはできません。選定をしたキーワードだけでなく、適切に関連をするキーワードを配置していくのがコツですね。

 

SEOがやっぱりどんどんむずかしくなってきたから検索順位の上位は、大手かお金をかけてとにかく被リンクを集めてるところ。SEOに時間がかからないのもイイとこですね。

 

兎にも角にも、当てたいキーワードで昔はずるずる狙っていく…コレがSEOの王道でしたね。コンテンツを選定したキーワードのみで構成をしてもダメということ。

 

ここがロングテールの優れた点。複合2?3語で検索する人が調査でも、一等多くなっているようです。

 

アップして1週間くらいで早ければ、上位表示することも可能です。まあ、コンテンツをきりりと考えて作れば、自然といろんなキーワードが狙わなくても盛り込まれます。

 

ユーザーの検索エンジンに対するリテラシーがこの頃はアップし、複合キーワードで検索するのがとうぜんになっています。ここ数年だとコンテンツSEOっていう言葉を聞き出したのは思います。

 

その点、みんなが狙わないみたいなキーワードをロングテールは狙っていくので上位に表示されやすい!キーワードにマッチしたコンテンツを揺るぎない提供をすることが基本ですね。じゃあ、コンテンツSEOがなぜ出てきたのか?なかなかチョットSEO対策やりましたようなサイトは上位に行くのはむずかしくなりましたね。